読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tokyo Salaryman

サラリーマンは現代の奴隷なのか

ドリップ編 〜おいしいコーヒーを入れよう〜

f:id:bunkeienji:20160214154047j:plain

僕コーヒーがすごく好きなんです。1日2杯は飲んでます。

でも困った事に缶コーヒーとかはあんまり好きじゃなくって、淹れたてのコーヒーを飲みたい派なんです。

今日は僕が使っているドリップ方式で美味しいコーヒーを淹れるためのツールをご紹介します。友達の家でホームパーティーとかあると、コーヒー担当として持って行くんですが、かなり好評です。自宅での女子会とかにもオススメです。

 

僕もあまり詳しくはないのですが、ドリップコーヒーってかなり奥が深いらしいです。

お湯の注ぎ口が細いポッドを用意したり、お湯の温度、注ぐスピード、注ぎ方でコーヒの濃さを調整したり・・・。

濃いコーヒを入れようとすると、ゆっくりお湯を注ぐ必要があってちょっとめんどくさいし、注ぎ口の細い専用のポッドを買うのも仰々しい・・・。

でも濃くて美味しいドリップコーヒーを家で飲みたい!!と思っていたところ、そんなめんどくさがりの僕にぴったりのツールを見つけました。

 

その名もクレバー コーヒードリッパー

↓これです。一見すると普通のドリッパー 

使い方や特徴は上記の楽天の商品ページにかなり詳しく載っているんですが、ここでも軽くご紹介しますね。

このドリッパー、特殊な構造になっていて、普通に机に置いた状態でお湯を注ぐと下からコーヒーが落ちてこないんです。

フィルターと挽いた豆を入れた後、お湯を目一杯注いだ状態はこんな感じ↓ 

 f:id:bunkeienji:20160214155455j:image

 f:id:bunkeienji:20160214155504j:image

このように机においてお湯を注いでもコーヒーが落ちてこず、溜った状態になります。

このままお好みの濃さになるまで置いておきます。濃いコーヒーを入れたい時にゆっくりお湯を注ぐ必要がなく、とりあえずドバッとお湯を入れて、その後置いておく時間で濃さを調整できます。

そしてカップの上にドリッパーを置くとコーヒーが落ちてきます↓

 f:id:bunkeienji:20160214155510j:image

以上これだけです。
プロから見たら邪道なんでしょうけど、濃いコーヒー好きの一般庶民にはたまらないツールです。

※ちなみに最初からカップの上においておけば普通のドリッパーとしても使えます。

 

用意するのは
・挽いたコーヒー豆
・コーヒーフィルター
・クレバーコーヒードリッパー★
・コーヒーカップ
だけ!お湯を分かすのはヤカンでもケトルでもなんでもOKです。

このドリッパー、まだ雑貨屋などの店舗では見かけたことないですが、 そろそろ流行して雑貨屋とかにも現れるかもしれません。

ご家庭用にLサイズもありますよ↓

ちなみに僕は自宅用とオフィス用にSサイズとLサイズそれぞれ持ってます。

ぜひ皆様もお試しください。

 enjoy coffee life!